遅めのスタート、30代の婚活

20代のうちに結婚をして、子供を産むというのが人生の目標でした

幼い頃から20代のうちに結婚をして、子供を産むというのが人生の目標でした。
ところが20代後半に5年付き合った彼氏に別れを告げられ、突如目標を叶えられなくなったのです。
結局30代になり結婚どころか、彼氏もいない状況に私はとても焦ります。
会社や家族や世間からの目も次第に気になり始め、いつのまにか毎日のように結婚について考える日々を過ごすようになります。
そんな時同じ境遇にいた友人から誘いを受けて、婚活を始めることになったのです。
「結婚できない人」というレッテルを貼られた気がして最初は気が引けました。
また結婚する気なく遊び半分で参加する人も多いと聞き、嫌悪感さえ抱きました。
しかし周りの人たちから話を聞くと、今は参加する人が多く純粋な出会いの場として行われていることを知り、思い切って足を運んだのです。
ところが会場に入った瞬間見渡す限り20代くらいの若い人たちばかりが目につき、私は来たことを後悔します。
あとで参加条件を確認すると、20歳から35歳までが対象だったのです。
当然若い人たちが多く、30歳を超えた私たちは相手にされることもありません。
自分ではまだ若いつもりでしたが、20代の男性の方々と話が合わなかったり気を遣われたりと私自身もう若いとは言えない年齢なのだと気付かされ落ち込んで帰ることになりました。
帰ってからインターネットで調べてみると、「30代になってから婚活を始めても遅い」「若いうちにチャンスを手に入れておかないといけない」といった情報ばかりが目に付きます。
やはりこの歳から結婚相手を探すのは難しいのか、奇跡を待つしかないのかと諦めそうになりました。

婚活で一番嫌なことは簡単に約束を破る人がたくさんいること。
ドタキャンじゃなくてもアポ近づいてきたら連絡取れなくなったり、リアルで繋がってないからって何してもいいわけではないよね。
普通じゃないことが普通に起こるから疲れるんだよ。

— なな (@happy_7751) 2019年9月28日

20代のうちに結婚をして、子供を産むというのが人生の目標でした | 積極的に出会いのチャンスを広げていきました | 諦めずに活動し続けて本当に良かったです